舌側矯正を知らなかった人向けにメリットとデメリットなどを詳しく紹介

舌側矯正のメリットとデメリット

お子さんが舌側矯正をする場合に知っておくと良い情報

何歳から舌側矯正ができるのか?

歯列矯正治療は、乳幼児期からできます。乳幼児期の場合は、マウスピースを使い歯の筋機能を訓練することで、歯並びの乱れを予防します。それにより、虫歯のリスクを下げたり、顎の発育不良を防いだりする効果を得られます。他には、永久歯が生え揃った頃に矯正歯科治療をするよりも、費用が抑えられる傾向。

ブラケット矯正や舌側矯正をする場合は、永久歯が生え揃った段階で行うケースが多く、概ね12歳頃が目安です。できるだけ早い段階で行うと治療期間が短くて済みますが、概ね2年は見込んでおきましょう。乳幼児期に何らかの形で歯列矯正をしていると、ブラケット矯正や舌側矯正期間の短縮が図れるかもしれません。ちなみに成人になってから行う場合、骨や歯が固まっている状態なので、2年以上の治療期間が掛かるようです。

保護者のケアも欠かせない

舌側矯正中は、常時ブラケットが装着されている状態です。装置の装着後すぐに硬いものを食べると、装置が外れるリスクが出てしまい、治療時間が余計に掛かります。ブラケット装着後は、できるだけ柔らかいものを食べるようにするのがオススメ。他には、歯に付きやすい食べ物もワイヤーに挟まりやすく、手入れをする際に負担が掛かります。

小さなお子さんであれば、保護者が仕上げ磨きをするはず。1本1本を丁寧に磨いて、磨き残しを防ぎましょう、特にブラケット周辺や歯と歯の間は、磨き残りが出やすい傾向。お子さんによっては、仕上げ磨きを嫌がるかもしれません。保護者はできるだけ優しく磨く以外に、デンタルフロスのような補助道具の使用も良いでしょう。

また、歯科医や衛生士に相談を行い、歯磨き指導を受けるのも1つの方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る